背中を押してくれる言葉

よく考えたら、
私は好きなことしかしていない。

日本語教師をしながら、大学院に通って、
街を歩きながら、写真を撮って、、
そのとき感じたことを、時々新聞などに送っている、、。

だからこそ
時々、自分の立っている場所が、
本当に確かな場所なのか、確かめたくなる。
「これでいいのか?」
「わたしの選んだ道は正しかったのか?」

人生に正解はなくて、
ただ、思い悩んで歩んだ道が、その人の生き方になるだけで、
一生懸命歩んだ道ならば、後悔はないはず。

去年の秋も私は、
自分の歩もうとしている道が、
「本当にこれでいいのか?」と、
自信がなかった。
それでふいにボヤイたとき、

彼は
「bonoさんは今でも遅いんだから、迷っている時間はないはずです」
と言った。
それで、とにかく踏み出してみることにした。

今、ちょっとそんな言葉がほしいのかもしれない。
e0228240_2211335.jpg

ソウル チョンゲチョン2011.6
[PR]
by bono1504 | 2011-06-14 22:15 | 日々のできごと | Comments(0)

釜山で3年半暮らした後、帰国。釜山時代に趣味となった「街歩き」。最近は台湾にも足をのばしています。(写真:台湾・台北)


by bono1504
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31