街をぽくぽく歩いてみれば

重要なのは、選んだものじゃなくて、どんな気持ちで選んだかということ。


ふいに手に取った本に、そんなことばが書いてあった。

自分なりにやっているつもりなのに、なんとなくうまくいかない日。
ふいに周りの人と比較してしまう。
すると、急に自分の手の中にあるものが急に大したものじゃない気がしてくる。
ふーーっとため息。

手の中にあるものは、冷静に見たら、たいしたものじゃない。
もしかしたら、人によっては、たやすく手に入れられるものかもしれない。
だけど、
自分が「いい」と思って選び取ったんだと自信を持って言えたら、
どんなものか、なんてそんなに重要じゃないのかも。
どんな気持ちで選んだか…。

ここしばらく、台湾のバンド、maydayの曲を聞きながら、散歩をしている。
すると、不思議なことに、いつもの景色が違って見える。
そして、くいっと顎をあげて、青空を仰ぎたくなる。

e0228240_09241421.jpg

見上げた空は、雲一つない五月晴れ。

たった一節のメロディーで、こんなにも心が変わるものか、と思う。



[PR]
by bono1504 | 2017-05-06 09:24 | 日々のできごと | Comments(0)
<< 『五月天 CALL ME NO... Mayday の「憨人(ゴンラ... >>