ブラティスラヴァ世界絵本原画展~8月27日(日)まで(平塚市美術館) 

年少者に日本語を教えることになり、
最近、絵本や児童書に触れることが多くなった。
そんなこともあり、この原画展は気になっていた。

ブラティスラヴァ世界絵本原画は、芸術性の高い作品や実験的でユニークな作品が集まる世界最大規模の絵本原画コンクールです。
その50 周年を記念して「日本の絵本の歴史50 年」「絵本の今とこれから」の2部構成で作品を紹介します。

(太字:平塚市美術館HPより)

絵本の原画展を見に行くのは、初めてかもしれない。

会場の中央には、展示されている原画の絵本と椅子がある。
鑑賞しながら、絵本を読むこともできる。

この点描は、なんだろう。
このネコの気持ちを表しているんだろうか…。
そう思いながら、絵本をめくると、それは、花畑だった…。

空の色! 犬と少年…季節は夏だな…。
好きだなぁ、この柔らかな色合い、情景…。

絵本を見ていくと…けっきょくこれは、どういう話なの??
少し混乱する。
さわやかな色彩、情景だけに、よけいその話を怖く感じた。

絵が好きで、ときどき絵画展など見に行く。
たいがい下調べなどせず、自分の解釈で感じたり味わったりしている。
理解できず、う~~んと苦悶してしまうことも。
それも絵画鑑賞の楽しみだったりする。

今回の原画展では、ある意味答え合わせができるので、面白い。
まず、絵だけを見て、自分なりのストーリーをつくる。
気に入った絵のお話を知りたくて、絵本で反すうする。
すこしずれていたりすると、それもまた楽しい。

一つ一つの絵を楽しみながらも、
その迫力に圧倒されていた。

B4サイズほどの絵本。
その原画が、自分の背丈ほどもあるものだったとは。
読む時、絵本の表面は、対外ツルリとしている。
原画は、それぞれ肌触りがちがうよう(触れないけど)。

結局、
足の裏が、痛くなってしまうくらい、展示会場を歩き回ってしまった。
こんなに夢中でこの展示を見ることになるとは。
自分でもびっくりした。

平塚市美術館
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/20162005_00002.html



[PR]
by bono1504 | 2017-08-20 21:35 | アートめぐり(日本) | Comments(0)

釜山で3年半暮らした後、帰国。釜山時代に趣味となった「街歩き」。最近は台湾にも足をのばしています。(写真:台湾・高雄)


by bono1504
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30