強烈なおばあさんの顔に吸い寄せられて?つい手に取ってしまった本。

表紙のおばあさんは、
現代アートのアーティスト折元立身(おりもと・たつみ)さんのお母さん。
折元さんは、このお母さんと暮らしながら、お母さんを題材に作品を作り続けているという。(2003年当時)

この本では、お母さんとの暮らしぶりや、お母さんを題材とした「アートママ」シリーズ、パンを顔に括り付けたパフォーマンス「パン人間」などの製作過程などがつづられている。
折元立身さんの「介護とアート」をNHKテレビ番組「にんげんドキュメント」で追ったものを単行本にしたものだそう。

この本が出版されてから、もう10年以上たつ。
今、どんな作品を作っているのだろうと思って、調べてみた。
…最近東京でパフォーマンスをしたらしい。

「折元 立身 パフォーマンス:化粧して、アート・ママに成る」


日時:2016年11月13日(日)

パフォーマンス:15:00〜
場所:青山|目黒
主催:ART MAMA FOUNDATION, AOYAMA|MEGURO
メイク:富川栄
ドレス:小高真理(malamute)
協力:中尾浩治、元田典利、荒木悠、大坂崇、青山秀樹、藤束亮太、藤川琢史、吉田杏、永田晶子、小林めい子

99才になったアートママは、この頃車イスに座っているのが、きつくなったのか、ベットに横に成ってばかりいます。
もう二人で一緒に作品におさまるのは無理なようなので、こうなったら、化粧して、女装して、私がアートママになってしまえと思い立ち、このような作品をつくるようになりました。

折元立身
2016年9月19日 敬老の日
http://aoyamameguro.com/exhibitions/tatsumi-orimoto-i-make-up-and-become-art-mama/

残念。もう終わってる…。
今も「アートママ」をテーマに活動をされているんだ。
こんど実際に見に行ってみたいなぁ。

折元立身さんfacebook
https://www.facebook.com/tatsumi.orimoto


[PR]
by bono1504 | 2016-11-25 21:12 | メディアや読書から思う | Comments(0)