街をぽくぽく歩いてみれば

2017年 04月 20日 ( 1 )

ジェットコースターのような一日が終わり…。

ずいぶん前に教えた学生に、校内で久々に会った。
担当するレベルが違ったりすると、なかなか接点がない。

久々に会ったワタシに
「先生にまた教わりたいです」と言った。
あーでもないこうでもないと悩みながら進めた授業だったけれど、
彼にはいい授業ができたのか??
そう思うと、ほっこりうれしくなった。

その後、現在の初級の授業へ突入。
いろいろ詰め込みすぎて、なんとか少しでも終わらせたいと思うあまり、
最後は少々早口になってしまう始末…。
やんなきゃいけないことが多いんだよぉ~

授業後、先輩の先生から、日本語を習い始めたばかりのクラスなんだから、
話し方や指示を工夫するよう指摘をうける…。
どうも、うちのクラスの学生が、その先生に「わからない」と訴えたらしい。

カックリ落ち込んだ。
なにに落ち込んだかというと、「ここまでやらなきゃ」という教師の都合で、
学生を混乱させてしまったこと。
教師の都合を優先して、学生の目線に立ててなかったこと…。
「学生のためにいい授業をしよう」なんて言いながら、できていなかった。

ボロボロの心と体で電車に揺られて帰宅する。
その間、
学生の目線に立ててなかったんだな~としみじみ思っていた。
それに気づかせてもらってよかったんだよなぁ…

翌日は、別の新しい職場での授業に向かう。
不思議とさっぱりとした気持ちだ。
年を重ねて、ちょっと気持ちがズブトくなったのかな。

[PR]