<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

とうとう月曜から再び授業が始まる。
ちょっと浮かない気持ち…。

台風来るし。
それに、学期途中で新入生も…。(学生が増えることはいいことか??)
さらに、月曜日、見学者も来るという、突然のお知らせ。

ただでさえ、休み明けはバタバタするというのに…。
…いかん、いかん。そんなマイナス思考は。

ともかく、
久々に学生に会えるのは、うれしい。
日本語、忘れていないかな~
e0228240_18372468.jpg
[PR]
by bono1504 | 2016-08-27 18:38 | 日本語教師らいふ | Comments(0)
旅行2日目。仁川散策をする。
朝、9時半ごろに東仁川駅到着。すでに蒸し風呂状態…。

駅前には巨大なパブリックビューができていた。
3年ほど前に来たときはなかったなぁ。

画面では、オリンピックのサッカーの試合中。
地面から湯けむりが立つような中、熱心に韓国代表の行方を見守る仁川市民たち。
太鼓を叩きながら応援する人も。

朝ごはんがまだだった私は、東仁川駅4番出口を出て、左に曲がったところにある
「冷麺通り」に行ってみる。

その通り沿いにあった、냉면천국(ネンミョンチョングッ)。
e0228240_11104750.jpg
<店頭の写真。おそらく店主?のオジサンの写真がすごい迫力>

品のよさそうなご婦人が、店頭でお掃除中。
「食事はできますか?」と尋ねると、「どうぞ~」とさわやかな笑顔で案内してくれた。

さっそく、ムルネンミョンを注文。
ほどなくして、やってきたのは…
e0228240_11121337.jpg















<オジサンの写真以上に迫力のあるネンミョン>

どど~んと、洗面器大…。食べられるかな??

歯ごたえしっかり、さわやかな味わい。
…でも、食べても食べてもなくならない…
ちょっと残してしまった。(やっぱり多かった^^;)

おいしい冷麵との出会い。
今日も、良い一日になりそうな予感。

냉면천국(ネンミョンチョングッ)
인천광역시 동구 화평로 14 (화평동)仁川広域市東区ファビョン路14
電話:032-777-1248
営業時間:10:00 ~ 22:00(年中無休)


[PR]
by bono1504 | 2016-08-26 11:20 | おいしいものめぐり(韓国) | Comments(0)

夏休みも、もう終わり。

とうとう、あと1週間で夏休みが終わる。
あぁ。
ため息とともに、夕空を見上げる。
e0228240_10180825.jpg
夕日に照らされて、赤く染まった雲のひとつが、
びゅんと飛び去る大きな鳥の姿に見えた。

がんばれよ

そう励まされている気がした。

[PR]
by bono1504 | 2016-08-24 10:19 | 日々のできごと | Comments(0)
今回の旅行中、本を買った。
e0228240_22100904.jpg
홍익 대학교(ホンイク大学校)建築大学で教鞭を取る、建築家のジョハンさん。
この本は、建築家の目線から語られるソウル建築探訪記。

今回も西村やら梨花洞やら、ソウルの路地を歩きながら、私なりに感じることがあった。
きっと同じ街並みを100人歩いたら、100通りの違った気持ちを抱くんだろうな。

何気なく通り過ぎてしまうような古びたビルも
建築家から見たら、魅力的に見えるのかも…。

この本を読んだ後、街を歩いたら、
今までと少し違った景色が見えてくるかもしれない。



[PR]
by bono1504 | 2016-08-18 22:20 | メディアや読書から思う | Comments(0)
韓国旅行5日目、釜山からソウルへ移動。
1時過ぎ、恵化門のほどちかくにあるゲストハウスに着く。
ひとまず昼ご飯でも食べようかと、でかける。
なんとな~くおいしそうな雰囲気の漂う店の前で立ち止まる。
e0228240_11085141.jpg
マックッスか。冷たい麺でも食べようかな…。

ドアを開けると、2席ほどのテーブル席。さらに靴を脱いで入る座敷の席もあるらしい。
四人掛けの席につくと、さっそくメミルビビンクッス(コチュジャンなどを混ぜて食べるソバ)を注文。

「早く持ってきてよ」
「どれかおすすめ?」
ガヤガヤ…平日の昼時ということもあって、にぎやかで活気のある店内。

ほどなくして運ばれてきたメミルビビンクッスは、フワッと蕎麦の香りがする…。
e0228240_11081049.jpg
麺と具をハサミで切った後、ガシガシ混ぜて食べる。

実はこの旅行中、暑さで体が弱っていた私は、注文した料理を完食できないでいた。

でも、これは、しっかり完食できました^^
また食べに行きたいな~。

住所:서울특별시 성북구 성북로5길 17 (ソウル特別市城北区城北路5キル17)
地下鉄4号線「漢城大入口」駅 5番出口そば
電話:02-745-3389
営業時間:12時~21時


[PR]
by bono1504 | 2016-08-18 10:59 | おいしいものめぐり(韓国) | Comments(0)
梨花洞マウル博物館のドアを開けようとした。
…残念ながら、このときは、閉まっていて、中の様子はわからなかった…。

e0228240_15564295.png
(参考:梨花洞マウル博物館HP )
梨花洞マウル博物館は、上の地図で見ると、赤で囲んだ4番の建物。

梨花洞マウル博物館 http://www.ewhadong.com/?ckattempt=1
*博物館の紹介は日本語でも見られる。
 また、「마을 이야기(マウルの話)」のページを開けると、
 住民の人による昔のマウルの話を聞くことができる。(韓国語のみ)
 なかなか興味深い。

そんなとき、このポスターを見つける。↓

e0228240_14452651.jpg
スェッデ博物館特別展 梨花洞での時間旅行 2016梨花洞マウル博物館
期間:2016年8月12日(金)~9月12日(月)
場所:梨花洞マウル博物館一帯20か所
*スェッデ博物館(地図左下)

このイベントは、毎年行われているそう。(近くのお土産屋さんの情報)


博物館のそばにある雑貨屋さんで、ジュースを買って、一休みした。
ちょうど夕暮れ時だった。
そのそばには、広場があって、何人か集まって、つまみをつつきながら、にぎやかにおしゃべりしていた。近所の人たちが夕涼みがてら集まっているようだ。
その声を聞くともなしに聞きながら、しばらくぼんやりしていた。

この日も頭がボーッとするぐらい暑かった。
けれど、日が傾いたせいか、ときおり涼しい風が吹く。気持ちいい。

e0228240_16375578.jpg
ひさびさにやってきてみれば、まちの雰囲気がだいぶ変わってしまっていた。
それで、ちょっと残念な気持ちになっていた。

でも、
にぎやかな声を聞きながら、この人たちはここでずっと暮らしているんだよな~と思う。
しばらく前に訪れたとき、暮らしていた人たちもいるんだよね。(きっと)
そう思ったら、少しほっとした。

また、来ようかな。


[PR]
by bono1504 | 2016-08-17 16:44 | 韓国をぐるぐる | Comments(0)
この夏の旅行中、梨花洞「路上美術館」を見に行く。

梨花洞「路上美術館」の記事(韓国旅行サイト、コネストより)
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=2137
数年前、ロケ地の一つの駱山公園を訪れた折、偶然出会った場所だった。
静かな住宅街。すこし年季の入った住宅の壁のイラストにほっこりした。
「こういうところもあるんだ~」とちいさく感激したことを覚えている。

数年ぶりに、行ってみることにした。
ブログや旅行サイトの記事を見ると、今は大々的な観光地になっていて、近隣住民との対立も起こっているという…。
今回は、地下鉄東大門駅(5番出口)から3番のマウルバスに乗り、駱山公園から恵化駅の方へ下っていくことにした。

あるていど予想はしていたけど、びっくりした。

e0228240_13482629.jpg
お店が林立していた…。なんとなく似たようなかわいいかんじのお店が並んでいた。観光地になるって、こういうことなんだな、と思う。

セーラー服のコスプレをした女の子たちが、友達同士で撮影会をしていた。
近くの土産物屋のおばちゃんによると、それは、韓国の昔の制服で、けっこう人気があるらしい。

ショックなことに、今回の目的の一つでもあった、階段のイラストがなくなっていた。(よくガイドブックなどに載っているお花や魚のイラストが描かれた階段が…)

e0228240_14234180.jpg

階段近くに張り紙があった。
「イファ洞住民評議会の同意なく、壁画を描いたり、直したりすることのないよう願います。 2016年4月18日(月)」

住民との対立が起こっているという記事があったが、そのとおりのようだ。
メインの通り沿いの住民の方に聞いてみると、「秋ごろまでに直すみたいだよ」とおっしゃる。(この方は、壁画村となったことは、好意的なよう)すこしずつ話し合いが進んでいるんだろうか。

想像以上に観光地化していた梨花洞「路上美術館」…。
複雑な気持ちで歩いていると、偶然、梨花洞マウル博物館(이화동마을박물관)を見つける。


[PR]
by bono1504 | 2016-08-17 14:34 | 韓国をぐるぐる | Comments(0)
ひさしぶりに訪れたこの場所は、どこにでもあるような「観光地」になってしまったようで、
ちょっと残念な気持ちになっていた。
街の味がでている商店街が、どこにでもあるコンビニやチェーン店ばかり並ぶ通りになってしまったように…。
e0228240_10360477.jpg
<夕暮れ時の甘川洞>

マウルバスの停留所に向かう前に、マウルの小さなお店に立ち寄る。
レジでお金を払おうとすると、店のおじさんが
「ひさしぶりだね~」という。

「わたしのことを覚えているの?」
「よく買いに来たでしょ」

すこしマウルのゲストハウスに暮らしていたことがあるが、
そのころよく利用していたお店だった。
もうそれは、3年ぐらい前のことなのに、おじさんは覚えてくれていたのだ。

なんだか泣きそうになった。

バスがすぐ来たので、
「あ、バスが来たから、もう行きます。また来ますね」
そうおじさんに告げたが、すぐ再会することになる…。

うれしさのあまり、おつりをもらうのを忘れたのだ。
おじさんは、おつりをにぎりしめて、バスまで届けてくれた。

おじさんの中に「おっちょこちょいの日本人」の記憶が刷り込まれてしまった…。


[PR]
by bono1504 | 2016-08-12 11:12 | タルトンネをぐるぐる | Comments(0)
約3年ぶりぐらいに訪れる。
暑さを避け、夕方6時ごろの訪問。

地下鉄1号線토성(土城 トソン)駅からマウルバス(서 2번 ソ イーボン)バスの終点にあるが、その終点の手前には、
e0228240_10270002.jpg
どど~んと大きな案内板。

さらに、村全体を見下ろせるようなカフェもできたようだ…。

散策を始めると、すっかり「観光地」になってしまったことに、ため息がもれる。
お土産屋さんが並び、なんと、プリクラの機械まで。
e0228240_10295073.jpg
数年前、一緒に訪れたことのある同行者は、「原宿みたいだね」と、つぶやく。

[PR]
by bono1504 | 2016-08-12 10:43 | タルトンネをぐるぐる | Comments(0)
ソウル・釜山旅行から戻ってきました。

仁川空港に降り立った時、そうでもないかな?と思った暑さ。
…いやいや、そんなことありませんでした。

韓国滞在3日目くらいから、やっと暑さと折り合う術を身につけ、
急がず、マイペースに街歩きを楽しんできました。

ここからしばらくは、ソウル・釜山の旅のお話です^^
e0228240_20032620.jpg



























<日本へ向かう飛行機からの眺め>

[PR]
by bono1504 | 2016-08-11 20:06 | 韓国をぐるぐる | Comments(0)

釜山で3年半暮らした後、帰国。現在は東京で日本語教師をしています。釜山時代に趣味となった「街歩き」。最近は台湾にも足をのばしています。(写真:韓国・蔚山)


by bono1504